住宅ローンを滞納しない方法|任意売却を考える前に借り換え相談

マンション

生活を立て直す手段

サポートサービスや発行手数料の有無をご紹介しています。海外の旅行は プリペイドカードを用意しておくと非常に便利ですよ。

人間にとって夢のマイホームを購入するにあたっては、多くの場合レバレッジを効かせることになります。投資において利用されるレバレッジという言葉は、自己資金以上の効力を資金に持たせるということです。これをマイホーム購入に当てると、ある程度の自己資金を頭金にして、住宅ローンを契約するということにそのまま当てはまります。家を購入するにあたっては、その販売価格丸々を現金で払うことができなくても審査にさえ通れば、購入することができます。そして、審査に通って住宅ローンを適用してもらうことで、毎月決まった金額を返済しつつ夢のマイホームを手にすることができます。もちろん、住宅ローンを利用するということは今まで賃貸物件に住んでいた家賃をそのまま自分のために使うということであるといえます。賃貸物件であれば、その家賃は家主にそっくりそのまま入ってしまうだけです。しかしながら、自分の物件であればいくら毎月払うと言っても、それは自分の資産の購入資金を払っているだけで損失ではありません。ただし問題として、自分の持ち家を手にしてしまったらそう簡単に離れることができないという問題が有ります。賃貸物件であれば、家賃が厳しくなってきたら転居して、もっと生活レベルを落とせばよいだけの話です。その時その時の生活レベルに合わせて、それなりに対応することができます。ですが、住宅ローンを利用して持ち家を購入してしまった場合は、それは借金を背負うのと同じことです。その借金は、手放したくても手放すことはなかなか出来ません。かといって、支払いをこれ以上間に合わせるのは厳しいと思ったら借り換えを検討しましょう。特に、ローンを組んで間もない人や金利が高い人は借り換えする大きなメリットがあります。

そう感じた段階で、任意売却を検討するべきです。任意売却を行えば、住宅ローンを支払えなくなってもまだ安心できます。もちろん、家を失うことには変わりありません。ですが、家を失ってからの展開が全く違うのです。任意売却を行うほうが、その先の展開は天国ルートであることは確実です。自分の目先のことに追われてしまうようになるのが負債を抱えている時期ですが、だからこそ任意売却を行うのです。先を見て、今後の展開のことまで考えるならば確実にその選択しかありえません。債務を払うことができないのですから、財産を残そうという考え自体が間違っているということにまず気づくべきです。ひとまず、この借金をどうするのか、そういった視点が必要です。借金を最も円満に解決した上で、その前でなんとかこの家を残せないか、という順序が正しいですし、その方法はなくはありません。失うことを恐れて滞納を続けては、残せる資産も残らないために、先に手を打つことが重要です。

滞納者の末路

家

住宅ローンが払えなくなり競売にかけられ、止む終えす家を出ていく人が後をたちません。ローンが払えなくなった時の対処方法を知っていると、計画的に住宅ローンを返済して猶予期間内に引っ越し計画を立てることができます。

詳細を読む

周囲に知られる理由

一軒家

競売にかけられると、写真や住所が競売情報に掲載され住宅ローンが払えなくなったのだと、周囲に知られてしまいます。恥ずかしいことを避けるためにも、任意売却などして有利に運んでいくようにしましょう。

詳細を読む

残債が返済できない場合

マンション

住宅ローンが払えなくなると、任意売却や競売で売却してローンを一括返済します。しかし、不動産価格が思った以上に低いと、全て返済することができず残債として残ります。その時の、対処方法も検討して進めていきましょう。

詳細を読む