住宅ローンを滞納しない方法|任意売却を考える前に借り換え相談

一軒家

滞納者の末路

家

せっかくお金を融資してもらって購入したマイホームも、その住宅ローンを精算できなければ保有する資格はありません。なぜならば、この残債を精算している間は抵当権と呼ばれるものが設定されていて、所有権自体は購入者にありますが実質は融資者に首根っこを掴まれている状態だからです。融資をするにあたっては、貸し倒れにならないようにするためにきちんと相手の経済状況を確認します。そして、払えることが明らかだという状態でやっと住宅ローンを組むことができます。ですが、この支払は長期に渡るもので何が起こるかわかりません。突然払い続けることが難しくなる状態に陥ることも、十分にありえます。返済ができなくなり、滞納するようになると最初の一回目は、催促の連絡で済みます。しかしながらそのまま延滞し続けて、3ヶ月から6ヶ月程度経過する頃には、財産差し押さえを受けて競売に自宅がかけられてしまいます。競売にかかる段階まで話が進行してしまっては、債務者にはたくさんの不都合が発生してしまいます。家を追い出され、借金まみれで家を失ったという事実を周りに知られ、更に次の家もない。そのような悲惨すぎる末路をたどることになるのが、住宅ローン滞納者の行き先です。それを防ぐために、任意売却を行うことができます。任意売却を行ったとしても、競売にかけられた時のように結局家は失います。ですが、その先の将来が全く違います。債権者に完全に握られてしまう主導権を、多少なりともこちらに引き寄せることができて有利です。困った将来にならないためには、任意売却は必須です。