住宅ローンを滞納しない方法|任意売却を考える前に借り換え相談

一軒家

残債が返済できない場合

マンション

助けを求められる

住宅ローン滞納をしてしまって、競売に自宅がかけられる理由には、滞納者の残債は一括で返済される必要があるという部分が関わってきます。そのため、債権者は物件を差し押さえて、早急に売却される競売によって現金化し、残債の精算に充てます。この時に、残債が精算された場合はまだ良いと言えますが、残債が精算しきれない場合もあります。そうなってしまうと、余剰の残債を一括で支払うように債務者には指示されます。ですが、そもそも返済が出来る余裕が無いから滞納をしてしまっているため、一括精算を指示されても実際にはできないことが大半です。結果として、債務整理や保証人へ債務返済義務を移行する必要が生まれるなど、様々な問題が後からどんどん出てきます。これに対して、任意売却の場合は一般の市場価格で売却できる分残債を消化できる可能性が十分あります。また、残債を消化できない場合でも、交渉の上分納することを相談することができます。それによって、無理の無い返済を継続することが可能です。また、大きな違いとして残債が無くなった場合でも、競売においては余剰金は一切返還されません。しかしながら、任意売却の場合は引っ越し資金として30万円を上限に返還されます。それによって、その先の生活を立て直す初期資金を手にすることができます。いくら安い物件を探したとしても、最初の入居にはいくばくかの資金は必ず必要です。ですから、この差は非常に大きな差であるといえます。

どうしても現在の家を手放したくないが、住宅ローン滞納で競売にかけられる恐れが出た時は任意売却を絶対検討するべきです。なぜならば、任意売却を行った後に親戚に所有権を移行してもらって、そこに賃貸物件として居住することができます。これは、競売では間違いなく不可能です。